IVR

スタッフ紹介

西尾 龍太 助教

”IVR”とは何か。
これはinterventional radiologyと言い、進歩の著しい放射線診断技術の事です。要は画像診断を用い、主に注射針や細いカテーテルと呼ばれる細い管を使用し、従来の手術治療と比べ比較的身体にやさしい方法で、手術と同等の効果を目標とする治療方法の総称です。以前は血管造影や超音波、透視が中心でしたが最近ではCT等も応用されています。治療対象および方法はかなり広範であり、日進月歩の著しい分野です。

当院でもこのIVRで様々な治療を行っています。例えば肝臓癌は、TACE(経カテーテル的動脈化学塞栓術)という治療法を多く行っております。また、術後等何らかの原因で腹腔内に出血を来たしたり、膿が溜まる等の現象が起きた場合、カテーテルを用いた止血術や、CTガイド下に穿刺施行しドレナージという排膿もIVRの範疇です。その他、喀血による気管支動脈の塞栓や肝臓の動脈に選択的に薬剤を注入するためのリザーバーというカテーテルの留置術、交通外傷などの臓器損傷による出血の止血術等、多岐に渡っております。
当院ではIVR専門医を取得した西尾医師が常勤しており、また新宿の本院からのバックアップも充実しており、質の高いIVR治療が提供出来る環境となっております。

「放射線科のご紹介~IVRってなあに~」(みどりの丘 2011年第115号より抜粋)
(原文)
IVRってなあに

Comments are closed.