第29回 関東IVR学会 

当科の剣木憲文先生が平成29年7月8日に下記の演題にて一般演題(口頭)で発表しました。
肝切除後の広範な急性門脈血栓症に対する開腹下での血栓吸引・溶解及び門注カテーテル留置術が奏功した一例

1)剣木憲文、1)佐口徹、1)高良祐葵、1)守矢知永、1)大高純、2)代田夏彦、3)郡司宗裕、
3)沖原正章3)佐野 達、3)富田晃一、3)千葉斉一、3)河地茂行、1)徳植公一
1)東京医科大学 放射線医学分野、2)東京医科大学八王子医療センター 放射線科、
3)東京医科大学八王子医療センター 消化器外科

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。