第46回 日本IVR学会総会

5月18‐20日に岡山県で第46回日本IVR学会総会がありました。
当科IVR班からは4演題(教育演題;1、一般演題;3)の発表がありました。

1.
エタノールによる血管塞栓術 東京医科大学 
放射線医学分野 佐口  徹

2.
4.5Frガイディングシースを用いたマルチデバイスシステムの単一ルートアクセス;カテーテル通過試験
東京医科大学 放射線医学教室 高良 祐葵

3.
4.5Frガイディングシースを用いたマルチデバイスシステムの単一ルートアクセス;初期臨床経験
東京医科大学 放射線医学教室 大高  純

4.
Tc-99mGSAシンチグラフィを用いて評価した、エタノールを用いた術前経皮経肝門脈塞栓術の成績
東京医科大学八王子医療センター 放射線科 剣木 憲文


   ↑塞柱物質として用いるエタノールのガイドライン委員長として、佐口徹先生が教育レクチャーをされました。興味を引くスライドに場内が釘付けになりました。


    ↑高良祐葵先生の発表風景です。


    ↑大高純先生の発表風景です。


    ↑剣木憲文先生の発表風景です。


    キャッチフレーズは夢を力に!!


    ↑いつものIVRメンバーです!!


    ↑金曜には齋藤和博先生、土曜には長谷川大輔先生も合流しました。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。