ISMRM2016

2016年5月7~13日に
シンガポールにてISMRM2016が開催され
当科の原田大世先生が発表を行いました。

Title:Which is a more favorable surrogate marker for predicting liver fibrosis on Gd-EOB-DTPA-enhanced MRI at 1.5T, the ADC value
on diffusion-weighted imaging or the quantitative enhancement ratio?

Authors: Taiyo L. Harada, Kazuhiro Saito, Nobutaka Yoshimura, Yoichi Araki, Jun Matsubayashi, Toshitaka Nagao, Soichi Akata, Koichi Tokuuye

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>