ECR2016

2016年3月2~6日に
オーストリア センター・ウィーンにてECR2016が開催され
当科の勇内山大介先生が発表を行いました。

Title:Infrahyoid skeletal muscle index is associated with cause specific survival rate in head and neck cancer patients as well as L3 level skeletal muscle index

Authors:D.Yunaiyama, H.Nakayama, T.Itonaga, Y.Tajima, S.Shiraishi, R.Mikami, K.Tsukahara, K.Saito, K.Tokuuye

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>