画像診断

形態評価の背景には人体解剖学と病理学があり、これらに基づいて正常~病的な状態を診断しています。
診断のための装置にはX線を用いた単純写真やコンピューター断層撮影(CT)、カテーテルや造影剤を用いた造影検査、超音波検査、磁気共鳴画像(MRI)検査装置などがあり、実際には各装置を用いて人体内部を可視化し、正常像や病理像と照らし合わせることで画像診断を行います。

system

IVR
CT
MRI
読影室

読影室

上記の各検査装置の知識以外にも膨大な解剖学的・病理学的な知識が必要とされるため、診断にあたり人体各部位別に専門分野が形成されています。
頭部(脳中心)
頭頚部(顔面を含む頚部)
胸部(肺主体)
循環器(心臓および大血管系)
腹部(肝臓や消化管など)
骨盤部(泌尿器系・婦人科系)
整形外科領域(骨や脊椎、軟部など)
悪性腫瘍の患者では多臓器に転移性病変を形成する事もあり、必ずしも各分野が独立して存在しているわけではありませんが、基本的には分野毎に専門家がおり、診断業務を行っています。

読影室

悪性腫瘍にはじまり、感染症や外傷など、あらゆる疾患の画像診断に対応しています。腹痛などの急性期の患者様にも迅速な診断対応が可能です。

check中

画像診断と並んで、放射線科の専門領域としてカテーテルや針を用いた治療行為がありIVR(interventional radiology)と呼ばれている(IVRのページを参照ください)。
その大半は血管内にカテーテルを挿入し、血管解剖や病変の性状を把握した後で抗がん剤の投与や血管の閉塞、または狭窄・閉塞した血管の解除などの治療行為を行います。腫瘍の治療では化学療法の一翼を担い、後述の放射線治療や手術療法との併用による集学的治療の一分野です。
これらの技術治療の発達により、手術を行わない低侵襲治療が実現し、短期間かつ簡略な方法により機能温存を伴った治療が可能です。上記以外にも病変の診断のために針を刺し組織を採取する生検、膿瘍や胆道系などのドレナージ等も行われ、CTや超音波装置を用いて安全かつ確実な手技が日夜実施されています。

読影室

コメントは受け付けていません。